医学部偏差値国公立大学2021年受験用


SponsoredLink


2021年用の医学部受験偏差値のなか、ことに国公立大学のみのランキングを見ると、大方の予想通り東大の理三が高い偏差値を示しています。さらに京都大学の医学部も同様です。全体として国立大学の医学部では下記のように62.5未満のところはありません。

国公立大学の医学部ではやはり東大の理科三類がトップ



2021年受験に向けて国公立大学での、最新の医学部偏差値ランキングは以下になります。


国公立にある医学部の偏差値は、概して高く、数値で並べても大きな差があるわけではありません。この点は、私立でも同様と言えます。



以下は基本的に【前期日程】【医学部-医学科】の一覧となっています。(特設されている地域枠は略)


なお、このページでは薬学部や、医学部の中に属する看護学科等は掲載していません。
一覧の最も右の数値は、入学共通テストでの得点率を表します。

一目瞭然ながら、偏差値そのものは、67.5や65.0がかなり多数並んでいます。入学共通テスト得点率には微妙な差があります。


偏差値  大学    入学共通テスト得点率
―――――――――――――――――――――――――――

72.5 東京大学 (理科三類) 91
72.5 京都大学 (医-医) 88


70.0 東京医科歯科大学 (医-医) 88
70.0 大阪大学 (医-医) 87

  (*千葉大学の後期日程での医学部-医学科は70.0となっています。岐阜大学、旭川医科大学でも同様に70.0。かつ後期日程しか医学部医学科の受験が行われない山梨大学でも偏差値は70.0となります。)



67.5 東京大学 (理科一類) 87
67.5 東京大学 (理科二類) 86
67.5 東北大学 (医-医) 84
67.5 横浜市立大学 (医-医) 86
67.5 千葉大学 (医-医) 86
67.5 名古屋大学 (医-医) 86
67.5 京都府立医科大学 (医-医) 82
67.5 奈良県立医科大学 (医-医) 82
67.5 神戸大学 (医-医) 85
67.5 九州大学 (医-医) 85
67.5 広島大学 (医-医) 83




65.0の医学部がズラッと並ぶ、国公立大学


 

65.0 北海道大学 (医-医) 84
65.0 旭川医科大学 (医-医) 80
65.0 筑波大学 (医-医) 88
65.0 弘前大学 (医-医) 80
65.0 福島県立医科大学 (医-医) 79 
65.0 名古屋市立大学 (医-医) 83
65.0 和歌山県立医科大学 (医-医) 80
65.0 岐阜大学 (医-医) 82




65.0 新潟大学 (医-医) 82
65.0 信州大学 (医-医) 82
65.0 群馬大学 (医-医) 82
65.0 浜松医科大学 (医-医) 82
65.0 福井大学 (医-医) 80
65.0 岡山大学 (医-医) 84
65.0 金沢大学 (医薬保健-医) 82
65.0 三重大学 (医-医) 81
65.0 滋賀医科大学 (医-医) 79
65.0 山口大学 (医-医) 79
65.0 愛媛大学 (医-医) 79
65.0 高知大学 (医-医) 79
65.0 熊本大学 (医-医) 82
65.0 島根大学 (医-医) 80
65.0 長崎大学 (医-医) 81
65.0 佐賀大学 (医-医) 79
65.0 大分大学 (医-医) 79
65.0 宮崎大学 (医-医) 79
65.0 鹿児島大学 (医-医) 80
65.0 琉球大学 (医-医) 79



62.5 札幌医科大学 (医-医) 81
62.5 秋田大学 (医-医) 80
62.5 山形大学 (医-医) 79
62.5 鳥取大学 (医-医) 80
62.5 香川大学 (医-医) 79
62.5 富山大学 (医-医) 81
62.5 徳島大学 (医-医) 80   


あらためて、国公立大学の医学部の水準の高さが分かります。

また前年度(2020年)の傾向も、個々の大学医学部で若干の上下は見られるものの、ほぼ同じような状態です。

医学部偏差値国公立大学2020年受験用




SponsoredLink